魂をアートする

北海道生まれ福岡在住の志起です!書のこと、音のこと、魂のこと、宇宙のこと。

【流れる】のが今という時間のエネルギーなのかな。

【赤い宇宙の月】

マヤ歴ではそんな1年。

つい先日、8月から探し始めた引っ越し先は、探し問い合わせては「お先に申込が、、、」の繰り返しばかり。内覧出来た物件は、程度がそもそも微妙なものばかりだった。

決まらない。
定まらない。
今じゃ無いんだと、9月は全く探さず。

10月。
つい先週のこと。
奥さん(月子)が物件を見つけた。

一つ、問い合わせた。
返事が来た。
お店に行ってみた。
契約した。

結論。
上記、行の数だけの日数、4日で引っ越し先の契約締結した。流れるように無駄がなかった。

内覧はまだしてにゃい。

ーーー

11月、転職します。
先週の日曜日。いい求人を見つけた。

問い合わせのメールから電話がきた月曜に、時間を作り登録会へ行った。すぐにでも来て欲しい旨を話された。
その日に退職の意志を告げた。
引き止められた。

次の日、火曜日。
それまで以上に居づらい環境になった。

水曜日、心が死んでいた為、休んだ。初めて精神科のお世話になった。ついでに引っ越し先契約した。

木曜日、心はまだ死んでいた為、午前休んだ。
午後、出社はするが上席に話をしたい旨、電話し向かう。
再度、退職の意志を告げたら10/30付となった。引き継ぎで何週かは残ると思ったら、その日もすぐ帰らされ、30日まで有給消化でさよなら。

ーーー

この一週間、大事なことが【流れる】ように決まって行った。

そういえば、今年はそんな一年だったなと思い出したのは、全部過ぎてからのこと。

【赤い宇宙の月の年】
流れることで、越えていくのだ。

簡略していえば、ね。

水は、流るるは清らかに。
流れ滞れば濁りゆく。

そういうことなんだなーと。

流れる方に、越えてゆけ!

多分ね、流れの良い方を選ぶ方が、その時の自分には勇気がいることになる年だよきっと。

でも、選ばなきゃ、決めなきゃ、流れない。

苦しいもの、詰まるもの、滞るものは、手放し、委ね、覚悟し、流れよう。

常識とか
世間体とか
囚われず
捉われず。

そういうことね。
そういうことかぁ、と。

意識してなかったけど、気付けばそんな風にエネルギーは動いていた。


(13番のバスに乗って、天神のビルの13階に勤めていた、そこからの景色)

5年前くらいの点描画秋山さんのセッション。

「4年後に13次元へ行くね」

13次元に行けたかは知らないが、13番に乗って13階に行き続けたよ!
ついでに大事なこといっぱい学べました。

いっぱい苦手を、克服したなー。
僕は、非常識な人生を生きてきたから、普通の会社員的な、特に役職の方に抵抗感が強くあった。

でも、前職(まだ現職だけど)では、社長さんや、決裁権ある部長さんなんかと常に商談。
期間は短いけど、抵抗感なんてもう全然なくなったし、スーツ着て、土日祝休みの仕事への憧れもなくなった笑

(いや、土日休みで良いことって全然なかったなー本当に)

また一つ、未体験からの憧れの選択肢が減って、少しづつやりたいことがクリアになってきた最近。

またこうして、ブログやらなんやらで、発信していければいいと思うております。



志起