魂をアートする

北海道生まれ福岡在住の志起です!書のこと、音のこと、魂のこと、宇宙のこと。

マヤの”叡智“を伝える無二の人。ー+博士来福!

懸垂バー買ったぜ。
ドア枠を支えにしてやるので大抵の家では使えるのかな?

昨日から懸垂遊びして、今日は筋肉痛です。


ーーー


身体の状態、って

その人の生き方であり、考え方であり、エネルギーの扱い方が現れているなぁと思っていて、そうなると「あれ?背筋(引き寄せる力)はそのまま引き寄せ力か?」なんて思って、引き寄せの法則どうこう言うてるよりも背筋使ってった方がいいんでないか?と考えまして。

そうでなくても「懸垂したいなぁ」という想いが多くの方と同じく僕にもあるので、で、これは2000円ちょっとで買えちゃうし場所も取らないので、買ってみたわけです。

いやーいい買い物でした。
ヤフオクで是非、あなたも!


(キャットタワー最上の1匹用の場所に2匹寝るの図)

可愛すぎか!∑(゚Д゚)
仲よすぎか!!∑(゚Д゚)
多分、母親一緒か!∑(゚Д゚)

心鈴は去年以前の生まれ。
るーるーは今年。

でも多分、姉弟。
もー毎日やんちゃです。




今日はせっかくバス車内の時間をプログラミングの勉強にあてようと思ったら、今朝は眠過ぎて寝て過ごし、今はアプリを開いてみればなんと追加ダウンロードが必要で、、、

これやってまうと奥さんが嘆くので、大人しくブログ書いてるなうです。笑
(キーボード練習ってことで)

今現在、建築系の勉強もしながら、同時にプログラミングです。
言語はApple社が開発したSwiftという言語です。なぜかというと、iPadで勉強環境が整うのでバス車内で十二分にできるからです。ここが滞りなく学べるようなら、C言語移行して、スマホアプリ開発にいきたい。

とそんなことやってる間に就職どうこうという話になるでしょう。

学生期間は3月末まで。
多分、IT関係を目指す流れになりそう。結局向いてるんだなぁ、この分野。
自分の想像以上に、興味があるものとないものとが、ハッキリ分かれているんだというのがよくわかる最近です。

で、僕は前職の関係もあるけど、Apple社が好きなんです。
いつも最新型を買うとまではいかないけど、好き。
で、スマホアプリの活用には、意欲をそそる。未来を感じる。可能性を考え論じたくなる。

この辺りは興味ある素ぶりでなく、ちゃんと興味あると言えることですし、今はこれくらいしかエネルギー向く対象なくて。で、この道ってちょうど一年前にもおんなじことを考えていて、色々あって頓挫しかけたんですけれど、心身の疲れが癒えていったり、色々ある内にまた戻ってきた。

手元に無くなったかに見えて、また戻ってくるって、大事な気持ちなんだろうなぁと思う。
僕は“〜であるべき!”という縛りが薄い分、執着が少ないので、自然と戻ってくるようなことがあると「ああ、大事なんだなぁ」と実感できる。

そんなことなくても実感できれば一番なんですけどね!
器用貧乏、分岐点迷子ですよ!

だから、色々とやってみて、実感して、消去していくしかない。

家帰ったらちゃんと、アプリをダウンロードしなおしておかなきゃ!


ーーー


そんな学びの、一応はスタートを切らせた今月。(本でも勉強してる)

来週13日には、北海道から宇宙工学の博士であり、ダークマターの研究者であり、マヤの研究者であるー+博士(いとう)が来福します。

で、僕はセッションは受けないけれど、行くだ行かんだの挙句にマヤの叡智セミナーに参加します。



マヤの“知識”を語る人は、そこそこいます。
マヤの“叡智”を語れる人は、そうはいません。

博士は、マヤのシャーマンから直接に叡智を伝えられた内の一人。
預言で、2013年に入る以前に3人がマヤを訪れ、叡智を伝えることになっていたそうです。
その最後の3人目が博士。

学ばれた方は、それぞれの使命に基づいた伝え方をされていきました。
お一人は、とても有名です。
お一人は、ドイツ?の天文学者らしいですが、表立ったお話は聞きませんが「何かしらの使命を果たしているのだろう」とのこと。
博士は、叡智を伝える手法として、マヤのツォルキンを紐解くことを入り口としています。

とても多いのですが、博士のセッションを受けることは、叡智に触れる鍵みたいなものなので、不安がらずに受けられてくださいね。笑

博士のお話の中には、書きたいこと伝えたいことがたっくさん。
ですが、不思議と、タイミングを選ばされるのかな?ほとんど書くことはありません。笑

博士自身も、隠しているわけではない。
聞けば、答えれるままに、答えてくれます。

ですが、そう多く、語られることも少ない。
(大抵の方は、紋章等の解読に目を向けているからかも?)

みんな、使命やらなんやら大好きですからね。笑
(僕も好きです!)

でも、博士自身がいつも言う「僕が伝えていることは、魂の可能性のほんの一部だよ」に、たくさんの真意があると思うんですね。

僕自身としては、マヤについて独自に学んで行く時間があったことで、その言葉の意味が、博士とお会いする会を重ねるごとにやっとやっと気付けてきた程度なので、こうして書いてはいても、やはりその真意の数%も感じられてはいないでしょう。

と、言うのが現時点での僕の”マヤ=博士の語る言葉に対する距離感“です。
知れば知るほど、知るに足らずを知り、深遠さの一端を覗かせていただく想いです。





さて、そんな博士は「マヤの叡智の講座基礎編(全12回)」をされています。
先に言っておきますが、この講座では、紋章がどう銀河の音がどうという内容ではないそうです。
もう一つ付け加えるなら、博士は数年かけてマヤの叡智をシャーマンから伝えられましたが、太陽の紋章がどうとか、そういったことは一切伝えられていないそうです。
(この文章に、なにかを感じていただけたらと思います♪)



叡智とは何か?
マヤとは?

僕自身、講座を受けたわけではないので、そこについて多くを語ることはできません。

が、今回福岡で行われる「マヤの叡智セミナー」はそんな講座でドップリと話されるような内容の全貌を、凝縮し、叡智に触れることができる時間、ということです。

僕も、楽しみです♪



博士とは、セッションでいただいたエネルギー的感覚と、お会いした時の日常会話が財産となります。
叡智とは、失われた知恵であり、尚且つ普遍的なもの。

マヤに伝わる「当たり前」で
世界から失われた「当たり前」が

マヤの叡智。




その叡智に生きるものは、過去、未来、そして現在の全ての時間軸を自由自在に生きるものとなります。

直線上の過去ー現在ー未来の”人工的な時間軸“から、魂を呼び起こす時間となるでしょう。




あっ、これは博士とお会いしお話するだけでそうなっていくので、まず会ってみてくださいね♪




叡智セミナーはまだお席があります。
この文章に興味を持たれた方は、きっと「宝物のような時間を過ごすことができる」でしょう。

受付は奥さんである月子。
福岡のマネージメントをしています。(2回目)
セッション枠も、あと1個くらい?あるのかな。



面白い話、今でも博士は「もっと宇宙の研究に時間を使っていたい」と言っています。笑
実は、マヤの叡智を伝える人生は(今は全国飛び回ってます)本人が”望んで歩んだ道ではない“ということ。

しかし、現実が「マヤを伝えろ」と言わんばかりの流れに。

石橋を叩きまくる博士は「じゃあ、マヤを伝えることが本当に僕の魂がすべきことなのか、見せてよ」と宇宙に無理難題のオーダー。

それを一年という期間で見せられ、今はマヤを伝えているのです。




博士は、マヤを伝えなくても生きていけます。
お金に困っている、なんてことは一切ない。(元経営者ですし業績も良かったそう)


自然と若くからマヤを研究し
研究者として生きる中で自然とマヤの叡智を伝えられ
多少無理くりと笑マヤを伝える道を歩まされ歩んでいる(その話は是非本人に!)博士。

是非、セミナーご一緒して、体感してください♫

セミナーは13日、18:30から天神です。6000円だったかな?
(マネージメントはあんまり関わってないので笑)




書奏家 志起
セッションご依頼はこちら♫