魂をアートする

北海道生まれ福岡在住の志起です!書のこと、音のこと、魂のこと、宇宙のこと。

幸せ、を感じられる心。それを伝え続けてくれる月子。

最近はどんどん家にいることが幸せで、それ以上の何かをしたいとはほとんどない思わなくなってる。


奥さんと、猫たちと、一緒にいるのが幸せで。

何かを成そうと動いた日には(それが頭で作り上げた“答え”ならば)すぐに心には余裕がなくなり、機械的で、忙しなく、無関心な人間になっていく。

ホッと緩んでは
ギュッと心身を踏ん張って

そんなアップダウンを繰り返して生きてきて、僕はそろそろ、無理に自分を頑張らせようとしていることに疲れてきたし、ホッとしている自分を赦してあげられるようになってきたんだと思う。



普通の日常が、本当に素敵なんだなぁと、心が少しづつ感じていけているんだと思う。



どれだけ

歪んで生きてきたんだよ囧ってね。笑




その代わりに育まれてきた部分もあります。でも、何を持っていても幸せと思える情緒が育まれていなければ、あまり意味はないのだろうなと感じる。

どんなにテクノロジーが発達した社会に生きても、そこに生きる僕らは機械人形じゃないのだから。



可愛いなぁ。
猫を心から可愛いと思うことは昔からあっても、そんな感情に幸せと感じられるのは、実は最近なんだな。

何かを感じるには、心の余裕が必要なこと。今ならば本当によくわかるのです。



感じることの大切さ。
それを教えてくれている奥さんが、日付で言えばもう明日になりますが、札幌へ行きますよ!

奥さんほど、感情のエネルギーを微細に感知していく人は、そうそうみません。

すごいよ、逸脱。

そしてそれを委ねていいと思わせてくれる、器の大きさ、何よりも心の優しさ。


たくさんの人に、会って欲しいなぁと思います♫





書奏家 志起
セッションご依頼はこちら♫