魂をアートする

北海道生まれ福岡在住の志起です!書のこと、音のこと、魂のこと、宇宙のこと。

【北海道の方へ】月子とはるが、札幌へ行くよ!

さて、奥さん(月子)と宇宙人はるちゃんが、10月の23日24日に札幌へ行きます!1ヶ月後ですね♫

6月に”なんとなく”で生まれて”ピッタリとハマってしまった”コラボワークを引っさげて、初の福岡外セッション行きます♫

感情を感知し解放するスペシャリストの月子
研究肌なエネルギー&ボディのスペシャリストはる

僕自身も6月に受けましたが、写真にあるようにはるちゃんがエネルギーを通し浮き上がらせ、月子が逃さず伝え解放に到達させる。

『まるで光であり鏡でしょうか』

はるちゃんという光が癒し照らし、月子という鏡が映し出し伝えることで、本人も知り得なかった誤魔化しのない本音と向き合うことができますね。

月子は、本当に凄いです。
はっきり言って、社会人としての生活能力はヤバいです。全然ありません。笑 でも、できることが少ないその代わりに、誰にも真似できない凄い部分があります。
それは「人に関わることを諦めない」ということです。過去にはその気持ちがマイナスに働いて、凄まじいまでの自己犠牲にもなっていたと思います。ですが、自己犠牲を過ぎた今でも、その丁寧な在り方、受け入れ見守る器、僕にはちょっと真似できません。

心の動きを、機敏に捉え、その人を諦めずに伝え続ける姿はどんな態度でセッションを受けるのであれ、心に響くのでしょう。話に聞く限りでは「えっ、そんな人が!?」と思うような方が、リピーターとして多く存在します。(例えば、ちょー不満そうに帰っていった人とか)

はるちゃんは、僕が北海道にいる頃から繋がりがあって、その頃から僕の中では「最も信頼するヒーラーの一人」でした。いつか「何かあった時には駆け込もう」なんて、勝手に駆け込み寺的意識を向けてもいました。笑

まだ駆け込んではいませんが、コラボワークの時には「エネルギーワークでこれ程、肉体にダイレクトに影響を感じたのは初めてだ」と感じるくらい、ボディを知り、エネルギーを知る職人のようなはるちゃん。

ーーー

よく、二人の関係をわかりやすく伝える時にマヤの話を引用しますが

ウエイブスペル
月子(青い嵐)
はる(赤い月)

嵐も月も”浄化の紋章”であるが、その表現は反対の性質である。
つまり反対方向から、同じ浄化という目的に向かって歩んでいくのが二人なんですね。

セッションをうけられた方は文字通りそんな二人に”挟まれる”わけですから、何が起こるかは想像は難しくないですね。笑

コラボワークというと、大抵は「二人が、それぞれのことをやっている」だけで終わるのがほとんどだと思います。

ですが、この二人は本当に相性がいいのでしょう。
「二人が、一つのこと」をやっています。その相乗効果は凄まじいものがあるのです。それが、本当にピッタリとハマっていて、凄いんです。もーね、羨ましいです。笑

ご縁があるのでしょうね。

月子は、月という名前の猫から名前を。
はるちゃんは、あらしというワンちゃんと今、住んでいる。

これ面白いなって思うのは僕だけ?笑

ーーー

長くなりましたが、言葉では到底伝えうることができないくらい
素晴らしく現実的な変化の大きいワークを引っさげて、二人が札幌に行くので

北海道の方でピンときた方は、怖いでしょうが、お会いしてみてね♫九州の、ドンと下に響くエネルギーが、体感できますよ!直近のお話会やセッションも、全て満席御礼です!

どうぞ、よろしくお願いいたします♫




書奏家 志起
セッションご依頼はこちら♫