魂をアートする

北海道生まれ福岡在住の志起です!書のこと、音のこと、魂のこと、宇宙のこと。

KIN73 赤い銀河の空歩く者

黄色い水晶に種の年
磁気の月10日
KIN73 赤い銀河の空歩く者




今日は安藤家お母様のKINバースデーです!
おめでとうございます!
同時に、お知り合いのアニマルコミュニケーターさんもバースデーおめでとうございます!



KIN73は「パカル王」を指す数字。
BC3113よりカウントする長期暦の、52年ごとのカレンダーラウンド(365暦と260暦が同期する年数)の73番目のその周期に、パカル王は使命に目覚め、その力を発揮しました。(631ー683)

なので、73はパカル王を指すKINであります。

それがどういう意味をもたらすか?は各々がパカル王の行いを調べてみると、何か気付けるかもしれませんね!

難しいですが

これを読んでみるのが良いかも?

マヤン・ファクター 新版―2012年の真実(リアリティ)

マヤン・ファクター 新版―2012年の真実(リアリティ)

  • 作者: ホゼ・アグエイアス,柳瀬宏秀,福井久美子
  • 出版社/メーカー: 三五館
  • 発売日: 2008/09/24
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る





テレクトノンは「預言」の力に

今日のエネルギーのピラミッド(緑)が来ます♫

そして「死、開花、豊かさ、舵取り」が

今日を取り巻くエネルギー。

開花は、緑の戦士亀さんの学びの位置にも来ているので

「開花、とは?」

を学び、エネルギーを転換してみましょう♫




右のほうの黄色の亀さんも、偶然にもパカル王の周期に一致している。

今日はなんか、すげーーー!!

えっ

あっ

これが一番すごいシンクロでは?


KIN73が、各月10日に位置する日なので

計算しないとわからないけど

こんな日は当分先でしょう。

今日は是非

3次元の世界に置いての

4次元以上の意識を感じてみましょう!






3次元のリアルとは、物質であり、携われるもの。

ですが

4次元以上のリアリティとは、心の繁栄であり、真実と直感するもの。





ファンタジー小説は

本そのものがリアルで、中身はフィクションが3次元。

ですが

読む人が、中身を真実として感じた時、それが4次元以上のリアリティなのです!





今日の

あなたにとってのリアリティを

感じてね♫







では

今日も楽しい北海道時間を♫











書奏家 志起


新年磁気の月の【魂の物語キャンペーン】やってます♫
【新年キャンペーン】魂の物語の書き下ろし! - 魂をアートする

セッションご依頼はこちら♪