魂をアートする

北海道生まれ福岡在住の志起です!書のこと、音のこと、魂のこと、宇宙のこと。

13の月の暦を知る為に、13の月の暦を疑うこと。

ただいま、暦の勉強中。

暦ってなんだろう?

神聖暦やドリームスペル、の勉強もしながら同時にそれを疑う視点も忘れないようにしています。

盲目は、ダメです。
盲目は、ただの依存。
依存したいのは、すがって安心したいから。
何も、外側のものは自分を救わない。

自分の学びの上に、それらが繋がらなければ、誰がなんと言っていようと、価値はないでしょう。

図書館でね、宇宙と暦についての本を5冊くらい借りたので、返す前に読んでおかなきゃ!

と飲み会前の空き時間、天神で勉強中!



13の月の暦は、新しい暦です。
1990年、アグエイアス夫妻の提唱したもの。

暦とは

自然の周期を計測したもの。



自然の周期を知ることは、生命活動のリズムを、安定させるもの。
春に、夏に、秋に、冬に、〜して、〜する。

暦は、生活の根幹に位置するものであり、宇宙のリズム、自然のリズムと一体である証とも言えるものだった。



しかし、暦の【日付ができる】という概念は、政治的経済的利用を行われた。

権力者が好き放題したければ、例えば「日曜はいつも教会へ行く日」と定めればいい。
そうすれば、キリスト教は潤うから。

と言うように。



暦には、天文学的側面と、今では政治的側面が切っても切れないくらいに密接だ。







だから

アグエイアス夫妻は

【暦を変えることを提唱したのです】

そしてその暦が

【自然と、宇宙のリズムとの繋がりを取り戻すものであった】

のです。




それが

13の月の暦なのです。






では、13の月の暦とは?という話は

もっともっと勉強のしがいのあることですが

今現状では

僕の頭の中ではこれが普及することは

とても素晴らしいことだと思えています。




無職なうな今、集中して取り組める時間があることが嬉しいー。





にぱっ(°▽°)



書奏家 志起

セッションご依頼はこちら




あとが