魂をアートする

北海道生まれ福岡在住の志起です!書のこと、音のこと、魂のこと、宇宙のこと。

短編物語⑫〜私心〜

お待たせしております。

新ブログ開設無料キャンペーン!【ショート物語の無料書き下ろし〜起承転結〜】 - 魂をアートする
(受付終了しています)

キャンペーン書き下ろし第12作目。



今日は、13の月の暦では

KIN53 赤い磁気の空歩く者の日。

昨日までの13日間から、新たな周期に入るスタートの日。


もしかしたらこの物語も

そんな新たなスタートを暗示するものとなっているかもしれませんね!



では

どぞ!




瞳に宿せし純粋さが

世界を広げゆく

私はあなた

その

境無き

心の中で


見つめた時から

私は消え去り

見つめる時に

あなたがいる

世界は広い

私たる器は

更に広い


その一瞬に溶け込むように

私を手放し

全てを見つめる

風のように

流れ

去るもの


怖れるな

私を手放し

怖れるな

委ね在れ

私は器

何より広く

無く


【私心〜ししん〜】







スピリチュアル的に言えばエンパス?

ですが

資質的な問題をスピリチュアル用語で片付けることは

僕は好きではないので

「器」

という表現の方がいいかな?




エンパスなら

防ぎようもありましょうが

多分この方は

それが資質なので

防ぎようがなく

活かし扱う以外に

ないのではないでしょうか?




表題は

【私心】

最初は

無であったり

無心であったり

「ない方にフォーカスがいきました」

あー、っと

違うんだ

「それが私なんだ」

と意識が反転

自分が無い、のではなく

「そんな自分なんだ」

と、生まれたのが

【私心】

しかも

とてもとても

力強く

どっしりとしている!

これのどこに

自分が無いというのか笑




無というフォーカスでは

全く乗っていかなかったエネルギー。





私心に

全てがこもりました♫





僕としても

滅多に書かない書体なので

新鮮で嬉しい!!





書かせていただき感謝です♫






作品発表は

次の13作目で最後!

どんな締めくくりになるでしょうか♫





書奏家 志起

セッションご依頼はこちら

【魂の物語】 - 魂をアートする