魂をアートする

北海道生まれ福岡在住の志起です!書のこと、音のこと、魂のこと、宇宙のこと。

短編物語①〜一環〜

お待たせしております。
こちらの無料キャンペーン。


http://wanomichi68.hatenablog.com/entry/2017/07/04/131313【ショート物語


第一弾作品の発表になります。



僕にとっても新たな出発の、最初の一作目。

志起さん
始動の
一作目。

どうぞ。



月夜の導き
この手 風舞う 流るるように

私の心は 映し出さん

さあ 祈られし 平和を

この身に 示して

幾たびの時に 捧げたろうか

果たされぬこの
心を想えば 終えていたとて(ついえて)

果たされしあの
結(むすび)を想えば 祈りを絶やさず

ついぞ私を

讃えぬことも

されとて 美しの この星の

声も構わず 何が 歓びか

星なる声を聴け

それが 私たる
母なる 務め

心一つに 皆へと 響け‥

【一環〜いっかん〜】






この作品を書いている間

一貫して一つの想いを絶やさんとする

静かなれど確固たる決意を感じさせた。

それは

一つの生の話ではない

幾たびの生の中に通づるものだった。

その想いは

一切の賛同を得ない時もあったろう

しかしそんな自分を裏切ることで

聴こえし声に背を向けることをすることはなかった。




星の守り人?

精霊の守護者?

あまり感じたことのない

そして見たことのない景色を見ていました。
(書いている最中は、同化し見て聞いてとやってます)



この物語を通して

僕から伝えることは

たった一つ。



「信じ 生け」

ただ

その一言に尽きるのです。



きっとこの方は

そこに向かう以外の地図は

持ち合わせてはいないと思うのです。

己を信じ

成すのみです。



ーーー



人と繋がり行う形式のワークでは

書き上がる全てが

書かせてくださった魂への物語であり

僕が観ずるべき物語でもあるのです。




表題に行き着くまで、12枚の失敗がありました。笑

その度にどんどん、シンプルにシンプルにしていった。

最後に書き上げた瞬間に口にしたことは

「あっ、余計な言葉はいらないんだ」

でした。
(表題に言葉を添えたものを書こうとしては失敗してた)




で、この失敗も、書き損じではなく

書いたはいいが、これではないな、という感覚の話なのです。

妥協をしない姿勢、それもまた

必要なのかもしれないですね。





いい作品を

書かせてくださり感謝です♪






ってか、表題の「一環」

かっこええわ〜笑

正面から

どう?

どう?



最近、こういう作品的な仕上げにワクワクするわ〜楽しい笑

次に書き上げれそうなのが明日になってしまうので、お待ちいただいている方は、もう少しだけ待っててね!








書奏家 志起