魂をアートする

北海道生まれ福岡在住の志起です!書のこと、音のこと、魂のこと、宇宙のこと。

無を書く?無いを書くって、なんじゃそら?

さて、忙しい土日が終わり



あとは、今月半ば過ぎの退職日を待つだけだぜ(゚∀゚)

まだ次の職場は決めてないぜ〜

ワイルドだろう?(゚∀゚)





とりあえずは明日、お休みでして

ちょっくら天神の書道具屋まで行き、小筆の調達。と、和紙の調達。
今は【無】の文字を書いてます。ひたすら無を書いてます。

無いを、書くって、書けば書くほど「どういうことやねん?」となる自分が面白くて、今までとは別の角度から文字と向き合っております。



それと、マヤ。
7月6日に、マヤのお話をさせていただくのですが、その日はどうやら天赦日やら一粒万倍日やら色々重なっての【一年の中でも、何か新しいことを始めるには最適な日】だそうで、計らずもその日に初めての体験をすることには、まさに共時性、シンクロニシティを感じざるを得ません。

マヤの学びをしている時は、それを後押しするメッセージしか受け取らないので、僕にとってはとてもいいことなんだと思います。




(亀の甲羅の紋様は13にわかれている)


動物たちが、自然のリズムで、自然と調和し生きるように

僕も自然のリズムと共に、自然に調和して生きていきたい。




最も自然と調和する生き方

それは

【自分に真摯な人生を歩むこと】





どういうことかって?

それは

歩んでみれば

気付いていくお話♪







書奏家 志起