魂をアートする

北海道生まれ福岡在住の志起です!書のこと、音のこと、魂のこと、宇宙のこと。

これからの活動について

書。
音。
マヤ、時間学。


感性は既存の芸術の在り方を追う方向には働かず、芸術を通して自他の感性を揺さぶりえる感性を養いたいと思っている。

何かを作りたいのではない。
作る先に新しい何かが生まれればと思う。

僕を通して生み出されるものは、終わりで始まり。
出口であり、入り口なのだ。


これまで、とこれから。
そこに必要な衝撃を、芸術を通して生み出せたらと思うのです。

色んな種の芸術家がいていいし、いる。
一つだけ共通して言えることは、芸術家ってのはきっと【突き詰めて何かをしていく人間】のことを言うんだと思う。

僕も、僕の人生の中で与えられた衝撃!それを手繰っていき、行き着いた先に何があるが故の衝撃だったのかを知りたいと思っているし、知ろうとし続けている。と同時に、その僕の旅路の途中の表現がまた、偶然(と言う名の必然)に出会う人の魂を揺さぶることがあるんだ。

人は響き合っていく。
全力で、振動していこう。



具体的には、信頼し合えて調和しあえる魂の仲間たちと、即興的な合奏パフォーマンスをあらゆる芸術の枠を通して、生み出していきたいな!

仲間募集!






書奏家 志起